最新著書

プロローグ
1. Cruise 初体験 東南アジア諸国へ
2. マイ・コッツウォルズ
3. ネパール・カトマンズ(救済の聖地ルンビニ)
4. 熱帯雨林アマゾン・ジャングル(Amazon River)
5. アイルランド共和国(Ireland Adventure)
6. ハーブの風に逢いたくて
7. スエズ運河(Suez Canal)→紅海→アデン湾→インド洋→ドバイ→ギリシャ
8. アメリカ合衆国
9. アラスカの沈まぬ太陽
10. インドの秘境 ラダックでエコを学ぶ
11. 氷と火の国 アイスランド自然の驚異
12. ニューカレドニア諸島→タスマニア島
13. 湖水地方(Lake District)
14. フランス・パリ→ノルマンディー
15. 真珠湾 ハワイアイランド
我が魂の遍歴
エピローグ

「今しか出来ないこと」を始めてみよう。“今ならまだ出来るかも知れない”が、やがて“必ず今ではもう出来ないになるのだから・・”と結論して始めたのが“地球ひとり旅”である。単身メルボルンに語学留学、66歳になっていた。以来、日本語を断ちひたすら異国を歩きに歩いた。
「我が魂の遍歴」で私の内なる旅も終わりにすることができた。故郷での原体験が、その後の生き方に大きく関わっていたことを改めて認める。
底辺に沈めたテーマは「地球人」と「時間」だったと思う。時という経過しゆくものの中で発見した晩年の生き方、ひとり歩きながら考えたこととは・・

購入はこちら