キリマンジャロ山腹

タンザニアのバオバオの樹

 2月15日午後2時、初めて体験する標高4800m、キリマンジャロ山頂まであと1000m地点で、私は山腹の岩にしがみついていた。高山病だろう。呼吸が浅い。わが心臓と脚は、もう一歩も登ることを拒否している。さっきまで見えていた仲間たちは、岩稜の裏に隠れてしまい、誰も見えない。最終の山小屋、キボハットから200mの高度順応なので、現地ガイドは付いていない。 「いったい私は、こんなところで何をしているんだろう」眼下に、広大なアフリカのサバンナが見える。

 聞えるのは、風の音だけ。その風が、上空の雲の塊を忙しく動かす。雲の切れ間からポッカリ青い空が・・・。空ってこんなに青かったかしら?  

 麓から4日かけてこの地点にたどり着いたが、私のパルスオキシメーターの数値が、メンバーの中で一番低い。 山小屋に降りたらリーダーに告げよう「明日のアタックは中止する」と・・。キボハットに一輪車のタンカーが置いてある。低酸素で動けなくなった人を、麓のモシの街の病院に搬送するものだ。

 私は壊れて一輪車に乗るわけにはゆかない。生きて戻らねばならないから・・。どうやら思考力は確からしい。頭はまだ高山病に冒されていない。低酸素の状態で私の肉体はどういう反応を示すのだろう、醒めて観察する。

 高山病の発症は、人によって頭痛、吐き気、発熱、下痢、倦怠とまちまちらしい。私のは胃袋が働くのを止めた。全く食欲がない、唇が紫色(チアノーゼ)になり、指先が思うように動かない。 3700mのホロンボハットでリーダーが全員に指輪をはずすことを指示した。体を締め付けるものは血流を停め、体がむくむらしい。心臓の鼓動だけが早い。常時、有酸素運動をしているようだ。 赤道直下、南緯3度に位置しながら氷河を頂く、世界一高い火山で知られるキリマンジャロ(5895m)に挑もうなんて無謀なことを考えたのは数ヶ月前のこと。
キリマンジャロの雪  登頂が叶わなかったピークの雪をヅームした。

トリトマ

それはいくつかの偶然が重なり、あれよあれよという間に具体化していった。東アフリカを、わが足で取材したいという思いと、今しか出来ないという加齢との競争が大きな理由だ。登れるところが私の取材限界と割り切った。頂上に立てるとは思わなかったが、指示とおりに頂上用の装備を準備した。使うことのなかった分厚い防寒具は、今も大切に持っている