エアーズロック オルガ・カタジュタ その2

地球の成り立ちにさかのぼる、巨大な岩の群れは、サバンナの中に鎮座している。遠目には、平たんに見える巨岩に、深いくぼみや洞窟が至る所に・・・。原住民の知恵と生活の跡が記されていた。洞窟の岩に壁画が鮮明に残されていた。

初日に登山道は、強風のために閉鎖されていた。白く見えていることろがルート、50mほどの壁をクリアできた人が、次の鎖場に挑戦できるらしい。翌朝、帰国の日、再度トライのチャンスを私は、キャンセルした。理由は、前日の観光で脚を酷使していたこと、一緒に登れば、息子が私を心配して注意力が散漫になってはと思った。

洞窟の中から

黒い線は雨の跡にできる滝の跡

登頂を果たした息子

登頂の様子