滝   デティフォスの滝(アイスランド)

ヴァトナヨークトル氷河を水源とする落ちる滝のこと。幅100m、落差40m水量毎分200立方mはヨーロッパ最大。各地で多くの巨大な滝を見てきたが、この滝は別の姿を見せる。魂が激しく揺さぶられるような轟音を発して駆け落ちる灰色の水。2009年の噴火の火山灰で黒くなった氷河の水だ。温暖化で水量は増えている。まるで羊の群れのように黙々と黒い塊が断崖を落ちていった。

2011年7月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイスランの「慈恩の滝」という名前は、かつて病で苦しんでいた龍(大蛇とも)を僧侶が癒したという伝説に基づいています。また、慈恩の滝は別名「裏見の滝」とも呼ばれており、滝の内側から眺められる遊歩道も設置されています。