ふるさとの味


丸茄子の記憶

丸小茄子

 

 テーブルに,ライ麦パンにピクルスとターキーを挟んだサンドイッチが運ばれた。まず、ピクルスに手が伸び、思い切りカリッと噛んだ。その音で、隣のテーブルの二人の中年女性が振り向いた。あっ、そうだった。ここは西洋文化圏、食べる時の音はマナー違反なのだ。

 コッツウォルズ(英国の田舎村)のフットパスを三日間、ひとりで歩き終えた日のレストランである。疲れ切った体が欲したのが、漬物代わりのピクルスだった。

 窓から見える蜂蜜色の家の屋根に、私の思いはいつしか、六十年前の郷里に飛んでいた。山形県の置賜盆地で食べた“丸小茄子の一夜漬け”である。
 巾着型にコロンとしたひと口大の丸小茄子は、蔕(へた)の下が萌黄色で下部に冴えた茄子紺色が広がる。頬張ると藍色の薄い皮が弾け、果肉のブリッとした歯触りがたまらない。噛むほどに、うまみ味が口に溢れる。これが、麦ごはんとの合性が実にいい。

 当時は、六~七歳になると家事を手伝うのが当たり前だった。丸小茄子は、朝早くに収穫する。腰に大きな籠を下げ、小鋏を持って手伝った。もぎたての小茄子の蔕(へた)には、チクチクする棘がある。屈みこむと、朝露に濡れた紫色のやさしい花が頬を撫でる。茄子の木の葉陰から、「ここにいるよ!」とばかりコロッと顔を出してくれた。直径二~三センチぐらいが収穫時だ。「ちょっと小さいから明日まで待っていてね」。中に大きくなり過ぎたのがある「葉っぱの蔭で見つけてやれなかったね」と話かけたものだ。

 堆肥と有機肥料で丁寧に造られた黒い土、そこで育つ食材は、究極のオーガニックだ。育ち盛りの胃袋は、何を食べても満足したが、あの頃の暮らしに根差したあの味は、いまや“幻の味”なのである。

 食卓から季節感が失われて久しく、待ちこがれる味がなくなった。何と多くの食材に慣れてしまっただろう。いつでも、何でも食べられる時代、これは幸せなのか?と思う。

地球をひとりで旅する私は、チーズやピクルスだけでは物足りない。
いま、長寿国日本の食材が注目されている。常々、発酵食品と共に日本の漬物文化は、世界に誇れる遺産だと思っていた。沢庵や丸小茄子を噛むときの、カリッという音にこそ価値があると思うのだが・・。願わくは、食事を楽しむ健康な音(sound)として、ハードと共に伝わって欲しいものである。

 振り返ったご婦人たちに、“うっかりマナー違反”を詫びる思いを添えて、笑顔で軽く会釈した。すると、ひとり旅の東洋の女性に優しく“No problem” と、にこやかに微笑んでくれた。

はちみつ色の家

 

メルボルン

 語学留学したメルボルンから休日に、オーシャンロードを、観光した。

ダイナミックな海岸線、雄大な自然を満喫

メルボルン オーシャンロード

コアラ

ツアーガイド

 

 

アイスランドの旅

 同じもの 載せて周る ターンテーブル 我がスーツケース どこを迷うか


スーツケース 2枚の紙に化け AM3時 タクシー探す 白夜の Air Port


ギャオと呼ぶ 地球(ほし)の裂け目に 立つここは 四次元の深海 竜宮の庭か

ギャオ

産まれた手の水


Y大陸と 北米を往来しおりギャオという名の特別の場所

 

異国の街 歩いてふいに 睡魔がおそう 時刻むからだ 日本のままで

アイスランド

火の国の 氷河に降りしVolcanic Ashes(火山灰) 薄墨に溶けてデテイフォスの滝

アイスランド デティホスの滝

 

 

広島の赤い川

 広島に赤い川が流れる。
赤いTシャツと赤い帽子に応援グッツを抱えた群衆が、川のようにスタジアムに向けて流れる。広島駅からマツダスタジアムまで800mのカープロードのことだ。

 広島駅に乗り入れるローカル線からも新幹線からも、赤い人並みがぞろぞろと現れ大きな流れに吸い込まれてゆく。駅近くのジムに出向く私もこの川の流れにのり、お祭りのようにウキウキするのである。試合当日の数時間前に露店が並ぶ。「缶ビール ハンガク! カラアゲ弁当ハンガク!」と叫ぶ売り手の声の主も、赤い半纏だ。

ジムのロビーでの会話
「カープが負けると主人の機嫌が悪くて・・困るのよ」と嘆くご婦人。
「どうなっている?」これは、試合の点数のことらしい。見知らぬ人も「〇対〇で勝っているよ」と教えあう。なんとも、ほほえましい光景だ。

序盤、リーグ三連覇のカープが5連敗した。その頃、あるカープ女子は「ストレスで夜眠れない。それで持病が悪化した」と嘆く。
なんと、ありがたいフアンであろう。

 私は、TVの解説を聞いて選手の個性や人となりを知り、面白さを知った。どの選手がどのような状況で投げて、守って、打ったのかに興味がある。3万3千人の観客、9回裏2アウト満塁フルカウントで、次の一球! 手に汗握る場面だ。TV画面はピッチャーの表情をアップで映す、次にバッターの表情に画面が変わる。各選手の心理状態を憶測する、こんなスリリングな場面は、他ではなかなか味わえない。

 リーグ優勝の経済効果は、350億円という。カープフアンのストレス発散に大きな役目をはたしているのは事実だ。


かくいう私は、まだMAZDA ZOOM-ZOOMスタジアムに一度も出向いていない。球場での応援の仕方を知らない。応援中なんども繰り返すスクワット、フウセンの飛ばし方しかり。球場では「迫力が違うわよ」と友人が言う。TVの前でキャーとかワーオと叫んでいる、半端なカープ女子である。

宮古島 その4 通り池

下地島にある黒い池鍾乳洞の天井が陥没して大きな穴になったという、二つの黒い穴は、海中でつながっており外洋にも通じているらしい。
水深によって大きく水温が変化するといい、多種多様な生き物がいることからダイビングのポイントにもなっていると聞く。

翌日、レンタカーを借りて出かけた。



ANAの機体が島を離れた。今日になって天気が快晴。海と空とうつくしい。

 

宮古島 その3 島尻マングローブ林

宮古島に10年ぶりに会う友人を訪ねた。アイルランドのアドベンチャーツアーに参加していた新婚カップルである。この島を訪ねたいと思ったのは彼らとの再会の約束があったからだ。塩尻のマングローブ林に案内してくれた。

ヤエヤマヒルギ、オヒルギ、メヒルギ、ヒルギモドキ、ヒルギダマシは、マングローブの種類のこと。

海水と淡水のきれいなところを好む、強い塩分を一枚の葉が犠牲になり吸い取り、やがて落ちる。

マングローブを好むマナティが住むフロリダの海。

宮古島 その2 伊良部大橋

天気予報の画面に現れない島、本州では、那覇として一括りされている。すでに梅雨に入っていた。東洋一のサンゴ礁の海岸で、シュノーケル・スキューバーダイブ、などを予定していたが、無理だった。うつくしい海岸線は見るだけ。予定はしていたが私は年齢制限で無理。

宮古島全景

伊良部大橋がPRされていた。愚息にドライブさせてみたい。

伊良部大橋

 

ツアーバスで島全体をひとめぐり。

山もなく川もないサンゴ礁が隆起してできた宮古島には、高い建物はホテルだけ。

樹木の中に、台風の影響を考えて造られた、赤い琉球瓦の民家がある。確か、石垣島や竹富島で出会った屋根である。

広大なサトウキビの畑が、「ザワワ~ザワワ~」と揺れる。サトウキビ

サトウキビ刈り取り機

サトウキビの生しぼりたてジュースを飲んだ。少し青臭いがまさに生砂糖である。血糖を安定させるらしい。

サトウキビ生ジュース