ほぐす

 冷蔵庫のパネルに触れただけで引き出しがスート出てくる。省エネのLED照明器具は、軽くボタンに触れるだけで点灯し、明るさも切り替わる。その昔、釣り下がった紐を引く時の小さな筋肉の出番がない。あらゆる電化製品しかり、リモコンのボタンや、タッチ操作で事足りる。

 ヒト族は、生活を営むために体を動かす場所を失くした。その分、スポーツ・ジムなどレジャーを兼ねた施設が大盛況だ。これを「生活の質が向上した」と錯覚していたのではと思う。エレベーター&エスカレータを多くの健常者が使い、階段で脚とお尻の筋肉を使うことを止めた。様式トイレが普及し、膝や腰を痛める人が増えた。筋肉は、使わないから使えなくなる。昔はなかった”運動不足”という病だ。別名、生活習慣病という。

 かくして、便利過ぎる超高齢社会は、医療費に膨大な予算を計上する社会になった。 この現象に、どのTVチャンネルも、便利な機器の宣伝で占められる。自分で動かずに、機器に、メタボリック症候群を修復してもらう代物である。次次にモデルチェンジされた新製品が登場する。

 「贅沢」というコストをかけて出来上がった不具合体型を、さらに新たなコストをかけて解消するという、珍妙な現象である。どちらも、景気指標の「消費」としてカウントされ、GDPの統計要素になっている。

 IT革命が止まらない。この業界の進化が、人間の生活を、根底から変えたことは確かだ。何事も効率的になり、ヒト族の生活の質を変えた。一方、情報過多に翻弄され、情報の捨て所に迷っている。インプットしても、アウトプットができない。ストレスの蔓延で大切なコトやモノを失ったことも事実である。正常な精神と健康である。

 私は、やがて、席巻するであろうAIと5Gいう頭脳は、ヒト族の体型も一枚皮の比率も変えてしまうに違いない。何分、筋肉を使ってすることがなくなるのだから、大きな頭と細い腕と手、細い脚のヒト族が、自動運転の車で極上の笑顔で移動する。そんな夢を見た。
うつくしい背中に挑戦して数年、私に、疲れずに効率よく歩ける、それなりの姿勢が戻った。年々、劣化する細胞には抗えないが、わが肉体の可動範囲を狭めない工夫を続けていたい。一枚皮の小さな筋肉の悲鳴を聞く前に・・。日ごろ動かさない筋肉を、まんべんなくほぐしている。「ほぐす」という地味な作業が意外と効果的だった。
右利きの私が左手で、庭の雑草を抜いている。一%の足裏をいたわりながら。


あの日のレマン湖畔の男性のように、背中でものを言ってみたくて・・。

アイスランド

アイスランド デティホスの滝

 

 

広島の赤い川

 広島に赤い川が流れる。
赤いTシャツと赤い帽子に応援グッツを抱えた群衆が、川のようにスタジアムに向けて流れる。広島駅からマツダスタジアムまで800mのカープロードのことだ。

 広島駅に乗り入れるローカル線からも新幹線からも、赤い人並みがぞろぞろと現れ大きな流れに吸い込まれてゆく。駅近くのジムに出向く私もこの川の流れにのり、お祭りのようにウキウキするのである。試合当日の数時間前に露店が並ぶ。「缶ビール ハンガク! カラアゲ弁当ハンガク!」と叫ぶ売り手の声の主も、赤い半纏だ。

ジムのロビーでの会話
「カープが負けると主人の機嫌が悪くて・・困るのよ」と嘆くご婦人。
「どうなっている?」これは、試合の点数のことらしい。見知らぬ人も「〇対〇で勝っているよ」と教えあう。なんとも、ほほえましい光景だ。

序盤、リーグ三連覇のカープが5連敗した。その頃、あるカープ女子は「ストレスで夜眠れない。それで持病が悪化した」と嘆く。
なんと、ありがたいフアンであろう。

 私は、TVの解説を聞いて選手の個性や人となりを知り、面白さを知った。どの選手がどのような状況で投げて、守って、打ったのかに興味がある。3万3千人の観客、9回裏2アウト満塁フルカウントで、次の一球! 手に汗握る場面だ。TV画面はピッチャーの表情をアップで映す、次にバッターの表情に画面が変わる。各選手の心理状態を憶測する、こんなスリリングな場面は、他ではなかなか味わえない。

 リーグ優勝の経済効果は、350億円という。カープフアンのストレス発散に大きな役目をはたしているのは事実だ。


かくいう私は、まだMAZDA ZOOM-ZOOMスタジアムに一度も出向いていない。球場での応援の仕方を知らない。応援中なんども繰り返すスクワット、フウセンの飛ばし方しかり。球場では「迫力が違うわよ」と友人が言う。TVの前でキャーとかワーオと叫んでいる、半端なカープ女子である。

宮古島 その4 通り池

下地島にある黒い池鍾乳洞の天井が陥没して大きな穴になったという、二つの黒い穴は、海中でつながっており外洋にも通じているらしい。
水深によって大きく水温が変化するといい、多種多様な生き物がいることからダイビングのポイントにもなっていると聞く。

翌日、レンタカーを借りて出かけた。



ANAの機体が島を離れた。今日になって天気が快晴。海と空とうつくしい。

 

宮古島 その3 島尻マングローブ林

宮古島に10年ぶりに会う友人を訪ねた。アイルランドのアドベンチャーツアーに参加していた新婚カップルである。この島を訪ねたいと思ったのは彼らとの再会の約束があったからだ。塩尻のマングローブ林に案内してくれた。

ヤエヤマヒルギ、オヒルギ、メヒルギ、ヒルギモドキ、ヒルギダマシは、マングローブの種類のこと。

海水と淡水のきれいなところを好む、強い塩分を一枚の葉が犠牲になり吸い取り、やがて落ちる。

マングローブを好むマナティが住むフロリダの海。

宮古島 その2 伊良部大橋

天気予報の画面に現れない島、本州では、那覇として一括りされている。すでに梅雨に入っていた。東洋一のサンゴ礁の海岸で、シュノーケル・スキューバーダイブ、などを予定していたが、無理だった。うつくしい海岸線は見るだけ。予定はしていたが私は年齢制限で無理。

宮古島全景

伊良部大橋がPRされていた。愚息にドライブさせてみたい。

伊良部大橋

 

ツアーバスで島全体をひとめぐり。

山もなく川もないサンゴ礁が隆起してできた宮古島には、高い建物はホテルだけ。

樹木の中に、台風の影響を考えて造られた、赤い琉球瓦の民家がある。確か、石垣島や竹富島で出会った屋根である。

広大なサトウキビの畑が、「ザワワ~ザワワ~」と揺れる。サトウキビ

サトウキビ刈り取り機

サトウキビの生しぼりたてジュースを飲んだ。少し青臭いがまさに生砂糖である。血糖を安定させるらしい。

サトウキビ生ジュース

宮古島 その1

 着陸態勢になった。窓の外に流れる雲の動きが速い。機長から「気流の悪いところを通過しています。シートベルトを締めてください」とアナウンス。雲の中をゆっさゆっさ、横揺れがしていた。とつぜんモニターの眼前に滑走路があらわれた、同時に「ガグッン」と衝撃があって、宮古空港にランディングした。

北緯24度、東シナ海の島は亜熱帯海洋性気候である。気温29度、生ぬるい空気で上着を脱いだ。ふと、どこかでかいだ香りがよぎる。パラオ・サイパン、南国の香りだ。

宮古島空港

ハイビスカス・ブーゲンビリア花や葉の大きさがこの島の気候を語る。

ばなな

パパイヤ

マンゴ

スリランカ シギリヤ・レディ 

岩山に絶世の美女がいるという。その名は、シギリヤ・レディ。1500を経て、この世界遺産は、多くの観光客を呼び寄せている。

骨肉の争いの宮殿跡

緑の原野の岩山に、要塞のような王宮が残されていた。5世紀にシンハラ王朝の王位を巡り、兄弟があらそったという。平民の女性との間に生まれた長男カーシャバと、王族女性との間に生まれた次男モッガラーナがいた。長男は王位が欲しくて父親を殺害してしまう。弟の反撃を恐れた新王カーシャバが、地上180mの岩山に築いたのが難攻不落の宮殿に描かれた、壁画の事である。

11年後、王は、インドから軍を率いてきた弟との戦いに敗れ自害したという。後に宮殿は仏教僧に寄進された。 入口には沐浴場があった。風車を利用して水の流れを取りいれた庭園、自然を利用したトンネルなど、急な階段を上って最上階に昇り、広がる原野を眺めた。

岸壁の天女たち フレスコ画で豊満な美女が描かれている、十数人もいるだろうか。色鮮やかに残されていて観光の名所になっている。 頭髪を結い上げ髪飾りを付け、胸に宝石をあしらったネックレス、腕も貴石の腕輪で飾り指に蓮の花を持っている。この国は宝石の産地でもある。ウエストのくびれはなんともうらやましい。

宮殿の入口 ライオンの爪

眼下に見下ろす草原は、何事もなかったかのように広がっていた。