世界の山旅 NO5 空中都市 マチュピチュ

6時間余り歩き「太陽の門」に辿り着く。ハッと息をのみ呆然と見つめた。なんと眼下に突然、石の都市が現れたからだ。尖ったワイナピチュ山(2690m)とマチュピチュ山(3000m)の間の稜線上に、その街は静かに鎮座していた。山裾からは全くその存在を確認できない。だから「空中都市」とも呼ばれている。この遺跡の総面積5k平方m、その半分は整然としたアンデネスと呼ばれる段々畑だ。ここでトーモロコシ・ジャガイモ・コカ・トーガラシなどが栽培されていたという。西側の市街区は神殿や宮殿と居住区に、東側は農耕地区に・・。周囲は城壁で固められている。尖った山の周辺は断崖、はるか下に見える渓谷を流れるウルバンバ川アマゾンの上流になる。流域は密林に覆われたジャングルだ。

雑誌やTVで得たイメージからは、このロケーションは全く想像できなかった。

石を積み上げて見事な建造物を造ったのは、難攻不落の「要塞都市」という役割が伺える。12-13世紀頃、スペイン軍が押し寄せて、インカ帝国を征服しようとしていた。インカの人々はスペイン軍から逃れるために、または復讐の作戦を練るために、ここに「秘密都市」を作ったという。やがて、この地も危ないと知った16世紀半ば、秘密を保持するために、女性(太陽の処女)と歩けない老人を墓地に葬り、街を焼き払い更に奥地へ、別のインカ帝国を求めて忽然と去ったという。「失われた都市」とも云われる所以だ。その後、400年以上、人の目に触れることがなかった。

20世紀最大の考古学的業績」といわれるこのマチュピチュ遺跡の発見は、1911年にアメリカの考古学者、ハイラム・ビンカム(1875-1956)の出現を待つことになる。

彼がこの遺跡を見つけたときは、雑木や草に覆われ廃墟となっていた。樹木を切り開き、ようやく、石積みの建造物を目の前にした時には、既に莫大な財宝は持ち去られていた。 墓地からは、女性173体、男性23体のミイラと道具、工具、陶器が発見されている。

この遺跡に住んだ人間は、どこから来てどこへ消えたのか?未だにマチュピチュにまつわる多くの謎は、解明されていない。その後の研究で、クスコで見られるようなプレ・インカ時代(2000年前)に使われていた石と同じ建築様式が証かされている。楔(くさび)も漆喰も使わない完成度の高いインカの石造り建築技術は、ガイドの説明を聞くごとに驚きの連続だ。

太陽の神殿、陵墓、神聖な礼拝広場、市街地への門、水飲み場、見張り小屋、管理人住居、牢獄、聖なる岩、石切り場、天体観測所などが解明されている。また、貴族の住居地区と技術者の住居区、庶民の住居区、農耕地区とに分けられていたらしい。

 

 

遺跡の最高地点にインティワタナという高さ1.8mの日時計が残されている。石を削って造られていて、突き出た角柱は36cm、角柱の角は東西南北をさしていた。私たちのメンバーが持っていたコンパスで確認すると間違いない。太陽の周期も月の周期も熟知していたのだろう。冬至(6月)夏至(12月){日本とは逆}を知り、種まき・収穫時期を計算したらしい。水と大地の恵みと山にあった石を、最大限に利用している。余程の幾何学・数学・天文学・農業技術に長けた頭脳集団の存在が伺える。