山歩き初心者コース・・・吾妻山

05・04・13マラソンはもう限界と割り切って、ある山歩きの会に入会した。 4月10日、「初心者の山歩き教室」で「吾妻山と庄原さくら温泉」に参加した。 雨の予報は見事外れたが、人間が飛ばされそうな強風のなか、予定の時間に参加者10名無事、吾妻山国民休暇村に下山。「ふきのとう」が咲き、水芭蕉は薄き色の芯を覗かせていた。 指導員に1:25000の地形図とコンパス(磁針計)の使い方を習った。 ①目的地へ向かって立ち、コンパスの進行線を目的物に向ける。 ②コンパスを回して「赤矢印」と「磁針」を重ねる。 ③目的物が見えなくなっても、歩きながら「矢印」と「磁針」を重ねて、コンパスが示す「進行線」の方に進めば良い。 ④反対のS極側に「矢印」を合わせると来た道を逆に辿り、元の場所に帰れる。 そのほか、地図と「磁北線」を使って現在地の確認や、進行方向の確認などできるとは実に興味深い。 また、指導員はビニール傘を半開きにした状態で地図の等高線から尾根と谷の読み方を説明してくれた。解りやすい。 よく、「人の話を効かない男と地図の読めない女」と云われる。ほぼ認めざるを得ない。 今回、学んだことが山だけでなく知らない場所で活かされそうで少しうれしい。